賃貸探しの基本は情報収集にあり

一人暮らしを始めるときにやっておくべきことは、自分が住む場所の条件をまとめることと、情報収集です。いざ物件を選ぶ際に、自分はどんな所が良いのか条件を定めておかないと、選び方が雑になってしまい、適当に物件を選んでしまうからです。また、情報量が少なすぎると、そこからしか物件を選ばなくなってしまうため、理想の住まい探しが難しくなってしまうのです。

賃貸マンションとアパートの違い

賃貸マンションのメリット

賃貸マンションは鉄筋コンクリート造であることがほとんどのため、アパートと比べると耐久力や耐火性に優れています。また、遮音性も高いので隣の声が聞こえにくいというのもメリットと言えます。マンションによっては監視カメラや自動ドアなどのオプションが付いていることもあります。

アパートのメリット

アパートのメリットは、なんといってもやすさです。木造であり、建築費が比較的安いため、マンションよりも家賃が低く、駐車料金もお手軽であることが多いです。また、木造建築の場合は通気性が良いので湿気を吸いやすく、部屋の中の湿度が高くなりすぎないというのもポイントです。

不動産は一軒だけで決めない

賃貸物件を探す時、不動産会社一社だけで決めてしまう人もいますが、実はコレはあまり良くありません。というのも、不動産会社によって持っている物件は異なるため他の会社ではもっと良い物件がある可能性があるからです。そのため、不動産会社は複数回り、いろいろと比較しましょう。

一人暮らし初心者にありがちな疑問

集合住宅

物件探しはいつ頃から始めたほうが良いでしょうか

できれば1月や2月がいいですが、時間に余裕があるのなら、5月がおすすめです。なぜなら、3月頃には引っ越しのピークが発生し、入れ替わりが激しくなるからです。それまでは物件はあっという間に埋まってしまう他、引っ越しのシーズンなので価格も高くなるからです。シーズンが落ち着き、GWに差し掛かる頃には混雑もなく引越し料金も割引しやすくなっています。

賃貸物件はいくつかの条件決めと情報収集を忘れずに

部屋

不動産サイトいろいろ見回すべし

不動産サイトも、いろいろなところを見て回りましょう。特に、2月頃には学生向けの特集が組まれていることがあり、条件の良い物件が結構多く紹介されます。そのため、できるだけ早めに不動産サイトで情報をみて物件を選びましょう。こういったおすすめの物件は競争率が高く、あとから見るとすでに借り手が決まっている可能性があるからです。

住宅模型

押さえておけば失敗しないポイント

賃貸物件を探すときは、物件だけではなく周囲も観察しましょう。例えば、駅から徒歩どのくらいかかるか、近くに病院やスーパーなどはあるか。これらの有無だけで日常生活の便利さは大きく変わります。一人暮らしの際に病気になると、病院が近くにあることですばやく治療を受けられますし、コンビニがあれば日用雑貨や食料の買い出しも容易です。

長岡京市でお手頃賃貸

広告募集中